ジスロマックやクラビットを使ってクラミジアを治療しよう

Young man sitting looking upset

クラミジアの本当の怖さ

medical box

クラミジアが怖いといわれている原因は、男女ともに症状に気付きにくいことです。少しでもおかしいと感じたらジスロマックやクラビットを使って治療し、大切なパートナーに感染させないようにしましょう。

完治するまで続ける

herbal

クラミジアの治療薬にはジスロマックとクラビットの2つの薬があります。完治するまで飲み続ければ再発することはありませんので、症状が落ち着いても勝手に飲むのをやめることのないようにして下さい。

相談するのは恥ずかしい?

the tablets

クラミジアについての検査は男性と女性で少し異なります。恥ずかしい思いをするかもしれませんが、ジスロマックやクラビットを使って一刻も早く治したいなら勇気を出して病院へ行って欲しいと思います。

日本で一番感染者が多い

handsome men

性感染症といえば、学校の保健の授業や専門の講師から話を聞いたという方もいるでしょう。
有名なものにはHIV、梅毒、淋病、クラミジアなどがありますが、今回はこのクラミジアにスポットを当ててお話ししていきます。
クラミジアは日本で最も感染者の多い性感染症で、その中心になっているのは10代や20代の若者です。
なんと20代なら20人のうち3人、10代なら10人のうち3人が感染しているというのですから、人事とは思えません。
クラミジアは微生物の一つで珍しい生物ではないのですが、生き物の細胞内に入ることで増殖し害を及ぼすことが危険といわれている原因です。
クラミジアになってしまう原因のほとんどが性行為で、まだ性行為の経験がない方はそれほど心配する必要はないでしょう。
大人になって大切な人ができるとお互いをもっと知るために性行為をすることもあると思います。
でも、コンドームを付けずに性行為をしてしまった場合、妊娠の危険だけでなくクラミジアのような性感染症にかかってしまう可能性も考えられるのです。
性行為と聞くと性器を挿入することばかり考えてしまいますが、クラミジアになる原因はそれだけではありません。
口で相手の性器を刺激するオーラルセックスや、もし口の中に病原菌がいればキスをするだけでもクラミジアになってしまうこともあるそうです!
もし何らかの原因でクラミジアになってしまっても、ジスロマックやクラビットといったクラミジアの治療薬を使って治すことは可能なので安心して下さいね。