ジスロマックやクラビットを使ってクラミジアを治療しよう

Young man sitting looking upset

完治するまで続ける

herbal

クラミジアに効果があるといわれる治療薬は、ジスロマックとクラビットがあります。
この2つの薬はどのようなものなのか、一つずつ見ていきましょう。
まずジスロマックですが、服用方法は250mgの場合1日1回4錠を服用します。500mgなら2錠を服用します。
ジスロマックは水と一緒に服用し、なるべく食後から2時間以上空けて服用することで効果を得ることが出来ます。
1度に服用する量が多いと感じるかもしれませんが、これは血中濃度を一気に高くしてクラミジアを確実に死滅させるためです。
胃腸や消化器系が弱い方は副作用として下痢の症状が起こることがありますので、量を減らして服用するようにしましょう。
一方でクラビットは、幅広い細菌に効果がある抗生物質で、クラミジア以外にも様々な感染症に処方される薬です。
500mgのクラビットを1日1回1錠、自分が飲みやすいと思う時間帯に服用するようにします。
もし飲み忘れてしまっても、2回分をまとめて服用するようなことはしないで下さい。
クラビットもジスロマックと同じようにあ下痢や発疹が起こることがありますので、服用前に理解しておきましょう。
この2つの薬を上手に使用して治療していき、医師から完治したことを伝えられたらようやく一安心できます。
症状が出ないからといって勝手に服用をやめると、クラミジアの菌が繁殖して治りかけていても再発を繰り返してしまいますよ。
完治してしまえば再発することはありませんので、治るまでは飲み続けると強い意志を持つことが大切です。