ジスロマックやクラビットを使ってクラミジアを治療しよう

Young man sitting looking upset

クラミジアの本当の怖さ

medical box

クラミジアがどうして性感染症の中でも怖いといわれているのかご存知でしょうか?
性感染症自体は、医療技術が発展している現代ですから適切な治療薬を使えばすぐに治すことができますが、クラミジアの怖いところは自分が感染しているかどうかに気付きにくいということです。
男性と女性でクラミジアの症状が異なり、男性は排尿痛、尿道炎、精巣の腫れといった症状が起こりますが、女性は下腹部の痛み、おりものの色や臭いの変化、性行為の痛みといった症状を感じます。
これらが目に見えて分かるならすぐにいつもと違うということに気がつくでしょうが、症状が出たとしても軽度で全く症状が出ないという方もいるのです。
そのため、まさか自分がクラミジアだとは思いもせずに性行為に及んでしまい、知らず知らずのうちに相手を感染させてしまうケースが後を絶たないのだとか。
特にリスクが高いのは女性で、クラミジアに感染して子宮の周辺にある子宮頚管に炎症が起き、進行すると下腹部の痛みだけでなく肝臓にまでダメージを受けてしまいます。
もし後遺症が残ってしまった場合、不妊症や子宮外妊娠の原因になってしまうといわれています。
お母さんとなる女性だけでなく、生まれてきた赤ちゃんもクラミジア感染症の症状を起こす可能性があるので、将来的に子どもが欲しいと思っている女性の方は絶対に気をつけなければならないのです。
もし少しでもおかしいな、と感じたらジスロマックやクラビットといった治療薬を使って早期に治療を開始して下さい。