ジスロマックやクラビットを使ってクラミジアを治療しよう

Young man sitting looking upset

相談するのは恥ずかしい?

the tablets

もしクラミジアになってしまったらすぐに治療を開始することが理想的なのですが、病院でどのような検査を受けるのか不安に感じてしまう人もいるでしょう。
下半身のデリケートな悩みのため、男性も女性も医師に相談しづらいと思う気持ちは同じです。
そんな方のために、病院に行くとどんな検査をすることになるのかお話していこうと思います。
まず男性の場合ですが、主流となっているのは尿検査のみです。
綿棒や細い器具を使うといった想像しただけでも痛い思いをする必要はありませんので安心して下さいね。
男性は思っていたよりも簡単な検査なんだ、と思うかもしれませんが女性の場合はそうもいきません。
女性がクラミジアに感染すると、自覚症状がないままに子宮頚管炎を発症してしまいます。
違和感があったとしても少しおりものが増える程度なので、そのままにすると子宮内膜へ感染が拡大し、不正出血、下腹部の痛みが出ることになります。
そのため尿検査ではなく女性は膣の分泌物を採取しなければならず、医師の前で足を広げることになるので結構恥ずかしい思いをすることになります。
女性も尿検査ができるように開発がすすめられているようですが、今すぐに実現することは難しいようです。
そんな恥ずかしい思いをするなら病院へ行きたくないという気持ちも分かりますが、一度診察してもらわないことにはクラミジアに感染しているかどうかわからないという不安な気持ちをずっと抱えることになってしまいます。
もしクラミジアとわかっても、ジスロマックやクラビットといった治療薬を使ってすぐに治療を始められるので、男性女性ともに自分の大切な身体のためにも勇気を出して病院へ行って欲しいなと思います。